夏が来るまでにしっかりと痩せておきたいと考える人は多いのではないでしょうか。
しかし、行き当たりばったりにダイエットをしてもなかなか痩せるのは難しいものです。
ここでは、2ヵ月という期間で10キロ痩せることを目標とした、効率的な方法を紹介します。

リバウンドが大敵

2ヵ月という短期間で10キロも体重を落とそうとすると、無理なやり方になってしまいがちです。
その結果、リバウンドしてしまうということも十分に起こり得るので、その点にだけ注意して行うようにしましょう。

カロリー計算をしっかりと

ダイエットをするにあたっては、何よりもカロリー計算が一番のポイントです。
10キロ痩せると考えると、2ヵ月のうちにカロリーとして72,000kcalも消費しなければならないということです。
この数字は、並大抵のことではクリアできないと思うかもしれません。

置き換えダイエットで摂取カロリーを減らす

カロリーを減らすためには、摂取する量よりも消費する量を増やせばいいということになります。
置き換えダイエットで一食のカロリーを減らしていければ、効率的に2ヵ月での取り組みを続けることができます。

しっかりと管理すること

一番の難しいところは続けることです。
2ヵ月もの間自分のカロリー管理をするのは大変なことですが、それをクリアした人が無事ダイエットを達成できるのです。

カロリーについて詳しくなれば自然に痩せる!

ダイエットの一番のポイントは、運動をすることではありません。
それ以上に、自分が摂取しているカロリー、消費しているカロリーについて知ることが大切なのです。
カロリーと自分の体についてをもっと深く知れば、効率的なダイエットができるようになるでしょう。

カロリーのバランスを考える

2ヵ月という期間で10キロを減らそうとするダイエットの場合、かなり厳密に考える必要があります。
痩せるにあたっては、まずは摂取するカロリーを減らすことと、消費するカロリーを増やすということがあります。

運動はあくまで一つの方法

ダイエットといえばとりあえず運動をすることとイメージする人が多いかもしれません。
ですが、これはあくまでカロリーを消費する量を増やそうということが目的なので、それ以外にも摂取する量を減らすという方法があります。
まして2ヵ月という期間を目標とするのならば、無理な運動を続けようとすると苦しくなって続かなくなってしまうかもしれません。

リバウンドに気を付ける

例えば置き換えダイエットを2ヵ月続けて、入ってくる摂取カロリーを減らすという方法があります。
しかし、2ヵ月経ってもし10キロ無事に痩せることができたとしても、終わった瞬間に元の食生活に戻してしまうと、リバウンドの危険性があります。
ダイエットに成功をしたとしても、しばらくは様子を見て摂取カロリーを制限するように意識するようにしましょう。

コツを意識しながら続ける

ただ無目的に続けていても成功できるとは限りません。
カロリーというものと自分の体について知って、コツを理解しながら続けるのが一番の近道です。

目標2ヶ月で10キロ痩せるためには1日何キロ減らすといいのか

ダイエットをすると考える人にとっては、どのくらいの期間でどのくらいのダイエットをするか、という目標があるかと思います。
例えば夏までの2ヵ月の間に10キロ落としたいという目標がある場合、一日あたりどのくらいの努力をすればいいかを考えましょう。

ダイエットのコツはカロリー

ダイエットを成功させるための秘訣は、何よりもカロリーを計算することです。
しっかりとカロリーを計算しておくことで、2ヵ月という決定した期間のうちに、10キロという目標を達成できるかが決まってきます。

一日あたりの目標カロリー

2ヵ月で10キロを目標にするのであれば、消費しなければならないカロリーは72,000kcalという数字になります。
この数字を一日あたりで割ってみると、一日に1,200kcalを消費する必要がある、ということになります。

運動だけでは厳しい

この一日に1,200kcalという数字を、運動だけで毎日消費しようとするとかなり大変なことになります。
そこで、一食をダイエット食品に置き換えるなどの、置き換えダイエットを試してみるのが一番です。
これならば、苦しい運動を毎日時間を取って行わなくても、計画的にカロリー制限を行うことができます。

続けるための努力

成功させるためには、何よりも続けることが一番ですが、毎日そう時間がかかるとなると続けるのも難しくなります。
あまり手間がかからず、手軽に行える方法を意識して、目標に近づいてみましょう。

毎日の食事から炭水化物を減らしてみよう

2ヵ月で10キロ痩せたい人にとって、ダイエットの一番の問題はカロリーです。
まず、何よりも摂取するカロリーを減らすところから、ダイエットを考えていきましょう。

日ごろの食事を見直す

ダイエットで大切なことは運動と、食生活の見直しということですね。
2ヵ月で10キロ痩せようと思ったら、実に一日に1200kcalも消費しなければならないということになります。
しかし、これは運動だけで減らそうと思ってもなかなか難しい数字です。

入ってくる量を減らす

出ていく量を増やすことが難しいのであれば、入ってくる量を減らすという方法があります。
例えば毎日の食生活の中で炭水化物を摂取していると思いますが、これを一度制限してみましょう。
まったくなくすというわけではなく、少しずつ制限するだけでも効果を得ることができるかと思います。

ほかのものに置き換える

ダイエットのための補助食品に置き換えたり、いろいろと工夫をすることで、苦痛のないダイエットを続けられるでしょう。

我慢できず食べ過ぎた時はサプリでカバー

ダイエットの一番のポイントはカロリー制限ですが、毎日の食生活を急に変えるというのは難しいものです。
それも、10キロ痩せたいという目標があるときに、食事制限を2ヵ月続けようとなるとなかなかの覚悟が必要です。

もし我慢しきれなかったら

最初は気合が入っているダイエットでも、だんだんと2ヵ月も続けているうちに気持ちが緩んでくるかもしれません。
そんなときに、つい食べ過ぎてしまったとしたら、10キロの目標がさらに遠ざかってしまうことになります。
そういうときは、ダイエットサプリを効果的に使ってサポートをしてもらいましょう。

ダイエットサプリの効果

ダイエットサプリの中には、摂取した脂肪分の分解を促進するというものがありますから、内臓脂肪を低減させる効果を得ることができます。
どうしても我慢しきれなかったというときのために、こういったサプリメントでのサポートも視野に入れておきましょう。

頼りすぎないように注意

もちろん、サプリですべてが解決するわけではないので、頼りすぎには気を付けましょう。

一日体験エステでコスパよく痩せる!

たとえばダイエットを考えるときに、いわゆる痩身エステを利用するという方法があります。
こういったエステの場合、短期間でむくみを解消して老廃物を排出し、部分痩せの効果を得ることができるというのが最大の特徴になります。
同時に、ダイエットについてのアドバイスを受けることもできるのもメリットの一つですね。

短期間で痩せたいときに

2ヵ月で10キロ痩せたいと例えば思っている場合、できるだけ効率の良いダイエットの方法を知っているかが大きな分かれ道になります。
自分だけの独学のダイエット方法では、なかなか思ったように効果が出ないということもあります。
2ヵ月というように期間が限られているからこそ、10キロという目標を持つのであれば、プロの意見を聞くのが一番です。

お金がかかると考える人のために

エステというとお金がかかるというイメージがあるかもしれませんが、確かに通った場合にはその通りになります。
ですが、エステは一日限定で体験コースを設けているところがありますので、こういったところを利用するのも一つの方法です。
体験コースで一日だけエステに通い、プロのアドバイスを聞きながら、自分のダイエットの参考にするというのも一つのテクニックです。

目標が高いほど最初のうちに

2ヵ月で10キロ痩せたいという高い目標を持っている場合は、できるだけ初期の段階で体験コースを受けておくのが良いでしょう。
最初に効果的な方法を知っておいて、それを自分の日々の生活に取り入れていくように意識してみてください。
その途中で、経過を知るためにまたエステの一日体験コースに行ってみるという形でも、得るものは多いかと思います。
もちろんエステ自体も、一日でも効果を得ることができるので、それを目的にしてもいいでしょう。

摂取カロリーの計算方法

ダイエットを成功させるためには、カロリーを意識する必要があります。
2ヵ月で10キロ痩せようという目的を掲げるのであれば、毎日厳密にカロリーを計算していく必要があるでしょう。

カロリーを意識したダイエット

2ヵ月で10キロの体重を減らしたいとなると、消費しなければならないカロリー量はかなりのものになります。
それを一日単位で割っていくと、一日あたりにどのくらいのカロリーを消費しなければならないかがわかります。
カロリーを消費すると同時に、摂取カロリーを抑えていくことが大事ですが、そのためにはまず自分が摂取したカロリー量を知る必要があります。

摂取カロリーを求める方法

食生活で摂取するカロリー、運動によって消費するカロリーがどのくらいのバランスが適正かというと、その人によって変わってきます。
というのも、その人の現在の身長や体重、年齢などからもその人にとっての適正カロリーというものが変わってくるからです。
2ヵ月で10キロ痩せるというほどのダイエットの目標の場合、かなり厳密に計算する必要があるでしょう。

計算ツールを使ってみる

インターネットには、その人にとっての一日の適正カロリーがどのくらいなのかを計算してくれるツールが公開されています。
カロリー計算などの言葉で検索をしてみれば、すぐにツールを見つけることができるでしょう。
例えば身長170cmで体重60kg、30歳という年齢の男性の場合、一日あたりの適正カロリーは2685kcalということになります。
同じ条件の男性の場合、基礎代謝量が1534kcalなので、それも意識しがら摂取カロリーを考える必要があります。

毎日計算して続ける

毎日のように摂取カロリーが適正であるかどうか計算し続けるのは大変なことですが、正しくダイエットを行うためには必要なステップになります。

摂取カロリーを簡単に減らすことのできる置き換えダイエット!

ダイエットを成功させるためには、いかに摂取するカロリーを減らすかということがポイントになります。
10キロという目標を掲げて、2か月間のダイエットに挑むのであれば、それだけ厳しくカロリーを計算しなければなりません。
そのときに、一食を置き換えてカロリーを減らす置き換えダイエットに注目が集まっています。

置き換えダイエットとは

これはダイエットの方法の一つで、カロリーの少ない食品を夜ご飯に置き換えることで、本来摂取してしまうカロリーよりも少なく保つということを目的としています。
2ヵ月で10キロ痩せたいのならば、これまでと同じような食生活をしていてはおそらく目標を達成することはできないでしょう。
そこで、少しでも摂取するカロリーを制限するために、食事を置き換えるという方法があるのです。

無理なくカロリーを制限

2ヵ月で10キロという目標はかなり高いものですが、かといって断食をしなければ達成できないというほどではありません。
普段夜の食事でとってしまうような量のカロリーを、カロリーが抑えられた食品に置き換えて、簡単に済ませることでより理想が近づくことになります。

サプリメントによっては注意が必要

飲むだけで痩せられるなど、魅力的な言葉が並ぶことの多いサプリメントですが、その中でも正しいものを選ぶことが大切です。
例えば、サプリメントによっては排泄を促して、吸収を阻害することで痩せる効果を得るというようなやり方を採用しているサプリメントも存在します。
それで仮に成功したとしても、健康を害してしまう可能性もありますので、あくまで健康的に理想を目指すようにしましょう。

運動も合わせて行う

食事制限だけで成功させようとしても、うまくはいかないものですし、健康的ともいえません。
やはり、摂取カロリーを抑えるのと同時に、運動を取り入れて健康的に痩せることを意識しましょう。
もちろん、あまり運動ができないという人にとっては、置き換えという方法は十分に効果があるでしょう。

基礎代謝を上げたい人には筋トレがオススメ!

ダイエットを続けているのに、なかなか痩せることに成功できないという悩みを持つ人は多いかもしれません。
あと2ヵ月で10キロ痩せたいと思っているのに、効果が出てこないと不安になってくるでしょう。
ダイエットがなかなか成功しないことの原因の一つに、その人の体の基礎代謝が低いから、という可能性があります。

ダイエットと基礎代謝

ダイエットにおいては、摂取するカロリーを抑えるということも大切ですが、消費カロリーを増やすということも大切です。
基本的に、人間が一日に活動するためのエネルギーとしてカロリーを消費しますが、この量を基礎代謝量といいます。
そして、この基礎代謝は筋肉量が多いほど多くのエネルギーが必要になるので、ダイエットとは切り離せない存在なのです。

筋トレで基礎代謝を高める

基礎代謝が低い人と高い人が、同じメニューで痩せようと努力した場合、やはり基礎代謝が高いほうが効果が高くなります。
2ヵ月という期間であっても、その差は如実に現れてくることでしょう。
10キロ痩せたいという目標があるのであれば、基礎代謝が低い場合にはかなり不利な状況で努力をしなければならないということでもあります。

基礎代謝を高めながら

実際に努力を始める前に、その前段階として筋トレなどをして基礎代謝を高めてから、痩せる対策を始めていくほうが効果的です。
一から2ヵ月で10キロ痩せようとしても基礎代謝が低いと、かなり苦戦を強いられることになるでしょう。

一日500キロカロリー消費したいなら有酸素運動

ダイエットを考えるのならば、毎日のカロリー計算がとても大事なことです。
その方法としては、まずは自分が毎日どのくらいのカロリーを摂取するのかと考えることです。
そして、次に運動によってどのくらいのカロリーを消費すればいいのかを考える、ということになります。

消費するためには有酸素運動

2ヵ月で10キロ痩せたいと考える場合、かなりシビアに毎日のカロリー計算をしていかなければなりません。
2ヵ月で10キロとなると、一日あたりに消費しなければならないカロリーは1,200kcalということになります。
もちろん、食事を制限することでこの目標に近づけることもできますが、やはり半分程度は有酸素運動によって消費するのが一番です。

ホットヨガも有酸素運動

ダイエットと必ずセットで語られる有酸素運動ですが、流行りのホットヨガもこの有酸素運動に含まれます。
しかもホットヨガの場合、通常のヨガよりもさらに消費カロリーが高くなるので、より効率的にカロリーを消費することができます。
食事制限だけで毎日必要なカロリー目標を達成することは難しいので、2ヵ月10キロという期間を決めたのであれば、その中でどれだけ運動をすることができるかがポイントになります。

大事なことは続けること

ダイエットの一番の壁は、途中で続けることができなくなってしまい挫折するということです。
いきなり負荷の高い運動などをしてしまうと、挫折する確率が高まりますので、あくまで計算をしながら、自分にとって無理のないペースで続けるようにしましょう。
2ヵ月という期間、ダイエットに意識を保ったままに生活をすることはかなりの意志力が必要になるのは間違いありません。

自分が続けられそうなものを選ぶ

ホットヨガはあくまで有酸素運動の一例なので、それ以外に自分に合っているものがあれば、それを選ぶのも一つの方法です。
あくまで続けることが最大の目的ですから、長続きしそうなものをできるだけ選びましょう。

楽しいホットヨガで本格的に痩せる!

例えば2ヵ月という期間で10キロ痩せたいと考えている人にとって、まず自分の消費カロリーが気になりますよね。
ダイエットでの定番は食事制限と運動ですが、そのどちらも計画的に行っていくことが大切です。

カロリー消費としてのホットヨガ

ヨガをダイエットのためのカロリー消費として考える人も多いかと思います。
しかし、これをホットヨガにするだけで、さらにカロリー消費量を増やすことができるのです。

ホットヨガとは

ホットヨガとは、室温39度前後の室内でヨガを行うことを呼びます。
この室温が、人間の体を柔軟にするために最も適した温度だとされており、実際、ホットヨガの場合は通常のヨガよりも消費するカロリーが高くなるのです。
ダイエットでは、消費するカロリーを摂取するカロリーよりも増やすということが大切ですが、ホットヨガならば10キロ痩せるというその目的にさらに近づくことができます。

運動をするときの選択肢として

2ヵ月のダイエットで食事制限だけを行い、10キロを痩せるというのは並大抵の努力では難しいことです。
やはり、効率的に運動をして消費カロリーを増やす必要がありますが、そのときにホットヨガが最適といえるかもしれません。
ゆったりとした動きでの運動になるので、肉体的に負担もあまりかかりませんし、流行りのものなので楽しく続けることができるでしょう。
最もダイエットで断念しがちなのが苦痛でやめてしまうということなので、楽しめることならば2ヵ月でも続けることができるかと思います。

カロリー計算の一助に

ホットヨガならば、通常のヨガよりも消費カロリーが高くなるので、その分食事制限の負荷を下げることもできるでしょう。
あまりにきつい食事制限も、継続を断念してしまうきっかけになりがちですので、適度に運動も交えながら続けていきましょう。

セルファーマ 化粧水を使ってシミやしわを気にしない肌を目指しませんか?