若年世代ならばシミは比較的とれやすくもありますが、歳を重ねるにつれてシミがとれにくくなります。
肌は変化していきますので、それに合わせた化粧品を選んでいかなければなりません。

50代の人におすすめする、できたシミを消す化粧品の選び方を紹介していきます。

50代のシミの事情

昔と比べて若く見えるようになったという人は美魔女と言われていますが、近年の美容技術の発展も大きく関係するとともに
本人の日々の美容努力も大きな割合を占めています。

ほとんどの人にとって肌に大きな衰えが見え始めるのが40代になってからです。
閉経に向けて女性ホルモンが激減することが要因になっています。

この時期から肌が乾燥し始めた人は後にシワやシミ、毛穴の開きを作ってしまいます。
年々遅くなっていくターンオーバーにより、肌の入れ替わり速度も鈍くなってきて
修復、回復がうまく進まず悪循環を生み出します。

これをそのまま放置することは、ますますシミを濃くしていくだけです。

基礎化粧品を見直していきましょう

いろいろな効果のものをあれこれ試すよりも、まずは日々の基礎化粧品を見直していくことが重要です。
乾燥がある人はこれ以上悪化しないように、乾燥対策とコラーゲンの強化から始めていきましょう。

もともと、肌は脂性ではありますがだからといって肌が乾燥していないとは限りません。
このような状態にあっても、乾燥をしてしまっていることもあるのです。

特にヒリヒリとした肌の痛みを感じる時は要注意です。

基礎化粧品-ウィキペディア

50代の化粧選びのポイントについて

まず、保湿の対策をしなければなりません。
そのためにはセラミド配合の化粧品を選びましょう。

水分保持成分は50代になってくると、20代の半分以下に減少してしまいます。
この減少した分を補うのがセラミド配合の化粧品です。

他にも表皮を潤す保湿成分はありますが、セラミドは特に保湿力が高く
たくさんの人に選ばれています。

次に、真皮のコラーゲンの強化をしなければなりません。
これは単にコラーゲン配合の化粧品ならいいというわけではなく、肌の弾力を回復するためにビタミンC配合化粧品を使用するようにしましょう。

最後に、弱った敏感肌には専用の化粧品を使う必要があります。
とっさの肌の不調時に対応できる化粧品を持っていたりすることは大きなアドバンテージになります。
刺激になってしまう、合成着色料やアルコールなどを含まない商品は肌へのリスクが小さいと言えます。

50代になると若い頃比べ肌もデリケートになってきますので、こうしたポイントを押さえ、いつまでも美白で若々しい肌を保ちたいものです。

グルコサミン ランキング