ムダ毛処理を自分で行なっている人も多いかと思います。
けれども、処理の際にカミソリ負けをしてしまうという人も少なくないのではないでしょうか。
そんな人に、カミソリ負けしにくいやり方を紹介しましょう。

毛の流れに沿って剃ろう

ひとつ目は、毛の流れに沿って剃るということです。
肌の表面には肌の内部を外部の刺激などから守る角質層がありますが、カミソリで剃ると傷付いやすいので注意が必要です。
特に逆剃りは角質層への負担が大きいのでなるべく避けて、毛の流れに沿って剃るようにしましょう。
他にも同じ個所を剃り過ぎるのもカミソリ負けをはじめとする肌トラブルの予防に重要なポイントです。

保湿にはブライトエイジなどもおすすめしますよ。

お風呂でムダ毛処理をしない

ふたつ目は、ムダ毛処理はお風呂でしないという点です。
多くの人がムダ毛処理はお風呂で行なっているかと思いますが、これはNGです。
湯船につかると身体が温まるので毛穴が開きます。
身体を洗うのには最適な状態ですが、実はムダ毛処理には最悪な状況なのです。
というのも、肌の表面が温められて柔らかくなっているために角質層を余分に削ってしまう恐れが高くなるからです。
また、開いた毛穴から細菌が侵入しやすくなるというリスクも発生します。
こういった理由からお風呂上りも同様なので、入浴予定のない時間帯に処理をすることをおすすめします。

アフターケアを忘れずに

カミソリ負けは以上の点に注意することである程度防げますが、処理をした後も肝心です。
カミソリで剃った後の肌は非常にデリケートなので、アフターケアを忘れないようにしましょう。
最も重要なのが「保湿」です。
保湿が十分でないとカミソリ負けだけでなく、ニキビやシワなどのさまざまな肌トラブルを招くことになります。
乾燥肌のひどい人なら、剃る前に乳液を塗るなどで保湿対策をするといいでしょう。

カミソリ負け対策をいくつか紹介しましたが、それでも肌が傷付くやどうしてもカミソリ負けしてしまうといった人はミュゼ キャンペーンを利用して脱毛サロンクリニックで施術してもらうほうがいいかもしれません。
何度もカミソリ負けを繰り返していると色素沈着で肌が黒ずむなどのトラブルが起こりがちですからね。